マットレス 種類

マットレスを選ぶ時に悩まないために

マットレスは、種類によって寝心地が違います.。

 

展示品のベットとマットレスで「サイズも寝心地もこれくらいでいいかな」と選んでも、
使用して数日すると腰が痛くなるとういことがあります。

 

自分にあったマットレスを見つけるためにもマットレスの種類や構造を知っておきたいものです。

 

マットレスを分類するといくつかの種類び分けることができますが、
大まかに金属製スプリングを使用したものと、ウレタンや高機能樹脂等に分けて案内します。

マットレスにスプリングを使用しているもの

マットレスにスプリングを使用しているものは一般的に最も多く利用されています。

 

スプリング(バネ)の反発によって身体 をささえる仕組みのマットレスです。

 

 

ボンネルコイルマットレス

 

ボンネルコイルマットレスは、縦になったらせん状に巻いたコイルスプリングをベットの面に合わせて連結させたマットレスです。

 

ですので体重をベット全体の面で支える状態になります。

 

ベッドのどこか1箇所に力を加えても、ベッドの面すべてが連動して沈むタイプです。

 

ベッドで寝返りをした場合、ベッド全体のスプリングが動くので、夫婦やカップルが二人で寝ると、ベッド全体が揺れるので、神経質な人は安眠できないかもしれません。

 

コイルの中が空いているので通気性がとてもよく、湿気がこもりにくいマットレスです。

 

 

ポケットコイルマットレス

 

ポケットコイルマットレスは、コイルスプリングを一つずつ小さな袋(ポケット)に入れてマットレスに入れたものです。

 

それぞれのスプリングが独立性を保たれていますので面ではなく点で体重を支えます。

 

寝返りのときの横揺れが少なくボンネルコイルマットレス比べ寝心地がいいです。
2人で寝る場合でも横の人に振動が伝わりにくいです。

 

ボンネルコイルマットレスは体を「面」で支えるという感覚ですが、ポケットコイルは「点」で支えるイメージです。

 

 

ポケットコイルとボンネルコイルのバネ数を比較すると、ポケットコイルの方がバネの数が多いです。

 

ポケットコイルのマットレスの中でもポケットコイルの数・コイルの太さ・コイルの長さ・コイルの巻き数などによっても寝心地が変わってきます。

 

高級なランクのスプリングマットレスはだいたいポケットコイルマットレスです。

マットレスにウレタンや高機能樹脂等を使用したもの

一般的なウレタン素材のマットレス

 

敷布団のマットレスとして販売されているもの。

 

厚みも販売されている商品によって厚いものからそれなりに薄いものまでいろいろ。

 

一般的なウレタウレタンマットレスなので面で身体を支えるのがタイプになります。

 

 

高反発マットレス(ウレタン)

 

ウレタンの高反発マットレスは、適度な硬さで寝姿は理想的で、寝返りもしやすいですし耐久性にすぐれていますが、ウレタンなので通気性はよくありません。

 

フローリングの床や畳の上で直置きして使う人は、必ず湿気対策をして定期的に湿気を底面から逃すようなお手入れが必要です。

 

凹凸加工されているウレタンの高反発マットレスなら夏の蒸れ対策に効果を発揮しますし、冬の保温効果は、ウレタンという素材なので安心できます。

 

 

高反発マットレス(網目繊維構造樹脂)

 

釣り糸を作るような樹脂を水の中に垂らして網目状にく編んだ素材で、適度な硬さが寝返りを楽にし理想的な寝姿が保てます。

 

高温多湿の日本の気候に合い、通気性が良く夏は涼しく、冬は空気の層によってあたたかいです。

 

平面マットレスと比較して網目構造が、体の重さ(体圧)を分散してくれるます。

 

 

低反発マットレス(ウレタン)

 

低反発マットレスはゆっくりと変形するので、包まれているような雰囲気になって気持ちのいい寝心地が特徴的です。

 

ウレタン素材なので通気性はよくありませんし、気温によって硬さが変わるので夏場はやわらかくなりすぎるかもしれません。

 

夏は暑いのが難点です。

 

低反発マットレスを選ぶ時は、いい寝心地の沈み具合よりも、寝返りをうった時に、元の形に戻り、寝姿に合った寝心になるかです。
価格の安い低反発マットレスは、、最初はいいのですが、すぐにペタンコになってしまい、単なる敷物になってしまう商品が多いです。