フローリング 布団 痛い

フローリングに寝てしまって、朝起きたら体・腰が痛くて

引越しで全室フローリングのマンションに住むことになったけど、
お気に入りのベットがくるまでフローリングに直接を布団を敷いて寝ていたら、
朝起きたら肩や腰あたりが痛くて痛くて出勤するのはつらいですよね。

 

飲み会や残業で帰宅が遅くなり、疲労困ぱいでベッドまでたどり着けず、
フローリングで眠ってしまい、朝起きたら体・腰が痛くて,
飲みすぎ、仕事の疲れ、と思っていませんか?

 

フローリングに布団を敷いて普通に寝ているだけで確実に腰痛になります。

フローリングに布団を敷いて寝ると体・腰が痛くなる原因は

人間の立ち姿勢は、まっすぐではなくS字になっています。

 

寝ている時にも立ち姿勢のS字がキープできる寝姿がベストです。

 

 

フローリングは硬く人間の体型とおりに受け止めてくれません。

 

フローリングでは人間の体による圧力が解消されず、フローリングからそのまま腰や肩などへ直接反発してきます。

 

 

フローリングに敷布団やマットレスを使用しても体が痛くなる場合は、
長期間使用した敷布団やマットレスでペチャンコにつぶれているときが多いです。

 

 

フローリングに布団で、ぐっすり眠れる方法

ぐっすり眠れる寝具は、自然な形で敷き布団やマットレスなどが沈み込むもので,
立姿のS字キープの態勢で、敷き布団やマットレスにかかる圧力が一定のものが理想とされています。

 

一般的な敷布団やマットレスですとウレタンや綿が均等に詰められているだけですので、
立姿のS字キープの姿勢えお長く保つことができません。

 

そのような素材に耐久性が短い期間のもありますので、
へたれた敷布団やマットレスによってフローリングによる抵抗を受けて腰痛になってしまいます。

 

ですからどうしてもフローリングで眠らなければならず腰痛になりたくない人は、フローリングのまっすぐ感、まったいら感を感じさせない体圧分散性の高い敷布団やマットレスを利用することです。